今年も始まりました

a0280101_19305810.jpg

 6月の後半は、おそらく編集部にもっとも郵便物が届く時期です。
 毎年恒例のキルトジャパン賞の第一次審査の写真が送られてくるからです。今年は6月18日~22日が受付期間で、毎日、郵便物の山が編集部にできていました。

 実は去年は応募総数が少し減ったのですが、今年は巻き返し、去年よりたくさんのご応募をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


 すでに写真審査を終え、明日から審査結果を郵送で順次送り出します。
 第一次審査を通過した作品は7月中にお送りいただき、8月にはいよいよ実物を見ながらの本審査です。
 今年はどんなキルトに出会えるのか…今から楽しみにしています。( I )
[PR]
# by quiltsjapan | 2012-07-04 19:45 | キルトジャパン | Comments(0)

蔦屋書店

a0280101_21162641.jpg


 先週末、念願の代官山 蔦谷書店へ行ってきました。
 蔦谷書店と聞いてもピンとこない方も、TSUTAYAならご存知でしょう。映画やCDのレンタルも行うあのTSUTAYAです。ここ代官山 蔦谷書店は昨年末にオープンし、何かと話題になっていたのです。
 最新刊からマニアックなものまで、本好きにとってはパラダイスなような品ぞろえ。私が一番感激したのは、2階ラウンジにある雑誌のバックナンバーです。『平凡パンチ』や『太陽』など往年の人気雑誌がずらりとそろい、コーヒーやお茶を飲みながらそれらを堪能することができます。


a0280101_21164158.jpg
 ラウンジのカウンター。下に本が積まれたデザインです。



 本以外にも、映画、音楽、文具などのコーナーに分かれ、各分野にはコンシェルジュが常駐。はっきり言って、一日楽しめます。
 本を探しながらお茶を飲んだり、CDやDVDを視聴したり、とにかくゆったりと居心地がいいのです。行ったらなかなか出てこれないと思いますので、ゆったりと時間がある時におすすめします。
( I )

a0280101_21165312.jpg 
雑誌コーナーも充実。手芸雑誌のコーナーにはちゃんとキルトジャパンもありました。アメリカやフランスのキルト誌もそろっていましたよ。
[PR]
# by quiltsjapan | 2012-06-27 21:25 | その他 | Comments(4)

送別会

 先日、編集部のAさんの送別会をしました。
 四谷のポルトガル料理屋さんで女子会です。
 照明もいい雰囲気…と思ったら、デジカメを忘れてiphoneで撮影したので、写真は残念なことに。
 これは前菜の盛り合わせです。
a0280101_21154554.jpg
あまりおいしそうに見えませんが、おいしかったですよ!



a0280101_21182210.jpg

 最後に皆から花束を送りました。これは育休から復帰したYさんがAさんのイメージでとアレンジしてもらったもので、ピンクと白の清らかな組み合わせがAさんにぴったり。
 この日の洋服にも合っているかな?

帰宅後リビングに飾ってくれたそうです。
a0280101_21222064.jpg


 丁寧で几帳面なAさんに、ずぼらな私はどれだけ助けられたことか…。
 今後は新しい部署でのさらなるご活躍を祈ります!
 ありがとうございました。 ( I )
[PR]
# by quiltsjapan | 2012-06-22 21:34 | その他 | Comments(0)

父の日のイベント

 今週の日曜日は父の日でしたね。弊社 Happy Cooking が親子で和菓子教室を開催し、甥と義兄が参加したので覗いてきました。場所は東京・市谷の弊社ビルです。


a0280101_19292125.jpg

 会場に入るとすでにお菓子の土台と、丁寧なレシピが置いてありました。今回作るのはわらび餅と青梅、紫陽花という季節の和菓子。講師は東向島の「菓子遍路 一哲」の酒井哲治さんです。TVチャンピオンにも出たことのある方なのだそうですよ。

a0280101_19294813.jpg
 親子参加が条件で、珍しく男同士のペアで参加した甥ですが、ちゃんとエプロンも持っています。実はわらび餅が大好物なのだそうです。そうこうしているうちに、先生の説明が始まったので、お邪魔してはいけないとおばさんは退散しました。



a0280101_19295169.jpg

 1時間半後にはご覧のとおり、見事な和菓子ができ上がっていました! 甥に感想を聞くと、「丸くきれいに形作るのが難しかった!」とのこと。繊細な和菓子はじっくり丁寧に作ることが大切なのかもしれません。でもなかなか楽しかったらしく、あっという間だったそうです。何より親子で協力して作れるというのがいいですね。



a0280101_19302966.jpg
 甥にわらび餅をもらいました。ぷるっとした口当たりと上品な甘さで、これはもうプロの味。なんでもこだわりのわらび粉を使用しているそうです。

 それにしても、「和菓子が作れる」ってかなり上級レベルに聞こえますね。買うものという感覚しかなかったので、そもそも自分で作れるのかと感心。7月からは「季節の和菓子講座」が始まるそうなので、興味のある方は Happy cooking に問い合わせてみてください。
( I )



More
[PR]
# by quiltsjapan | 2012-06-19 20:11 | その他 | Comments(2)

チェコのお菓子

a0280101_2035777.jpg

 またもやテキサスでの取材の話の続きです。
 テキサス州ヒューストン在住の久美子フリードルさんの自宅へ取材へ行った時のこと。取材終了後に久美子さんが我々スタッフにお菓子とコーヒーを出してくださいました。クリームのたっぷりのったビスケットのようなお菓子は、見るからにヘビーと思ったのですが、口にしてみると意外にも軽やかな食べごたえ。サクサクとしたビスケットのような土台にしっとりとしたクリームがよく合っていて、はじめて食べたのに、どことなく懐かしいような…。


a0280101_20382121.jpg




 そんなノスタルジックな気分にさせてくれたお菓子の正体は「ラクイチカ(Rakvicka )」。チェコスロバキアのお菓子だそうです。久美子さんのご主人はチェコ出身。故郷の味を懐かしんで、今でもよく作ってくれるそうです。何度もレシピや焼き型をためし、帰郷の際にはお母様から習い…試行錯誤の末たどり着いた、こだわりの品でした。
 この日も我々が取材に来ると伝えたら、わざわざ作ってくださったそうです。久美子さんのお友達にもファンが多いらしく、来客の際にはリクエストがくるという人気ぶり!
 この日はお昼を食べ損ねていたこともあり、進められるがままに2つも食べてしまいました! またお邪魔する機会があれば…私もリクエストしてしまうかも。

a0280101_2031960.jpg
中にもた~っぷりクリームが…ふふふ。



a0280101_20324241.jpg
こちらはチェコのお酒。ラベルがかわいいですね。
飲んではいませんよ。仕事中ですから。
( I )

撮影/宮本加奈子
[PR]
# by quiltsjapan | 2012-06-13 20:45 | 取材裏話 | Comments(6)


パッチワークキルトのマガジン「キルトジャパン」公式ブログ


by quiltsjapan

画像一覧

検索

最新の記事

お知らせ
at 2015-06-05 10:47
キルトジャパン賞
at 2014-12-15 12:22
フックド・ラグ展
at 2014-10-24 17:05
パッチワーク緞帳
at 2014-09-16 14:34
西荻窪へ!
at 2014-06-28 22:38

カテゴリ

全体
取材裏話
その他
キルトジャパン
イベント
未分類

以前の記事

2015年 06月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

最新のコメント

平和のキルト展では、たく..
by quiltsjapan at 19:10
初めまして しかし、先..
by はりねずみ at 16:32
おはようございます。 ..
by さだやっこ at 09:07
さだやっこ様 こんにち..
by quiltsjapan at 17:15
おはようございます。 ..
by さだやっこ at 09:01
さだやっこ様 コメント..
by quiltsjapan at 19:10
おはようございます。 ..
by さだやっこ at 09:03
さだやっこ様 お返事が..
by quiltsjapan at 19:18
おはようございます。 ..
by さだやっこ at 08:24
takaさん、こんばんは..
by quiltsjapan at 19:01

外部リンク

フォロー中のブログ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧